忍者ブログ
瞬間の美しさを逃さず表現できる写真ブログにしたいです。四季折々の写真を中心に様々な写真を載せてちょっと欲張りなオールマイティーブログ、第一弾ブログ『賃貸営業よもやまばなし』の続編です。
[856]  [855]  [854]  [852]  [853]  [851]  [849]  [850]  [848]  [847]  [846
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はあまり政治ネタを取り上げなかったんですけどね…

今日、道路特定財源の再可決が強行されました。

 ★産経新聞記事


これで自衛隊派遣についで2回目の強行

明日からガソリンが160円台ってビックリですね。会社の車でさえ、自粛ムードです。だからマイカーの人は大きな痛手でしょうね。

そもそも、道路財源で旅行に行ったり健康器具やスポーツ用品を買ったり好き放題している官僚たちのための税制ということそのものを変える必要があろうかと思うんですよね。
もちろん道路の維持でお金も必要でしょうけど、使い道が不明な、チェックの入らないやり方=特別会計という制度そのものがナンセンスだと思うのですが…。これは他の省庁でも一緒ですけど。

本来なら、総選挙で国民の真意を問うべき(少なくても先日の補欠選挙で民意は反映されてますけど…)問題でしょうね。衆議院の議決はあのカリスマ総理=小泉さんの置き土産であって、自衛隊派遣にしても今回のことも民意無視ですからね。支持率が50%ならわかりますけど、支持率30%以下、不支持率50%以上の内閣が行う所業ではないですよね。

ただ対抗するべき民主党へも必ずしも国民が理解を示していないことも問題ですね。あの日銀総裁人事…多少譲歩していれば、もっと国民全体が権力の乱用=福田政権という見方をしたでしょうに、小義に捕らわれ過ぎていざ大義の時に支持を得られきれない民主党…大連立なんて目論んだ小沢さんもあまり信頼されていない…ホント不幸ですね。

ただ、この国の官僚政治、国民無視の政治を変えるには、やはり二大政党制しかないと思うのですが、どうでしょう???
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
実際、移動に移動に車を利用している身には痛いです。
公的負担が増大する中で、財源不足を補うには増税しかないんでしょうが、
まずは特定の業種のみの減税措置を解除すべきだと思います。
それこそ本来の規制緩和だし、不公平感もなくなり、官僚の影響力も弱まる。
いずれにしても、望むことは早期の解散だけです。
たか URL 2008/05/01(Thu)20:52:27 Edit Top
どっちもどっち
ガソリンの値上げですが、急に上がったわけではなく、前々から予想はされていたわけだし、要は元に戻ったわけですよね。ま、一か月安かったのだからドライバーはラッキーくらいに思っていればいいのでは。給油所は大変だったでしょうけど。だいたい、暫定税率がかかっているなんて、最近まで知らなかった人が多いでしょう。それより気になるのは原油の高騰がいつまで続くかですね。

値下がりしたからドライブに行ったとか、値上がりしたからアクセルをあまり踏まないようにするとか、あまりにも小市民的で、これじゃあ政治家の思うつぼという気がします。
そもそも行列までして満タンにしても、次からは高い値段で買うわけだし、それもエンジン動かしっぱなしで待つわけだから、地球環境とかより少しの得を選んでいるだけなんですよね。それで与党を批判するのもどうかと。

僕から見ると、自民も民主も支持できないですね。そもそも国会議員としての職務を放棄しています。
二大政党制にしても多党制にしても、まずは話し合いを前提にやってほしいです。まずは相手の話をきいて妥協すべきところは妥協しなければならないのです。相手に理解を求めるだけとか、話にならないから審議もしないとか、それじゃあ給料泥棒でしょう。

補選の結果が全国の有権者の民意を反映しているというのも強引すぎます。後期高齢者医療制度を理解しないまま、メディアや野党の主張をうのみにして、民主党に入れた人も多いでしょう。年金から天引きされるのが気に入らないという人もいますが、病院での検査料が安くなる人もいるわけで、単に損するだけの制度でもないのです。ま、健康な人はどのみち損はしますが。メリットに関しては野党は一言も言いませんね。ひょっとして理解してないのかな。

野党がだらしなから、与党の好き勝ってになっているのです。体を張って議長の入場を阻止することが民主主義ですか。名誉の負傷などと言っている民主党はどうかしています。もし、選挙になって与党が過半数割れした場合、小沢一郎が首相になるのでしょうが、それはもっと怖いです。社民や共産まで小沢一郎を支持するとしたら、総選挙があっても、投票したい政党がなくなってしまいます。

まずは与党と野党がちゃんと話し合いをしてほしいです。
自民がダメダメなのは昔からですから、野党くらいはちゃんとしてほしいです。メディアも与党に批判的な声ばかり拾うのではなく、公平な取材を心がけてほしいです。

また長くなり、すいません。
ビワ URL 2008/05/01(Thu)22:25:55 Edit Top
そうですよね。
タカ>この価格の領域は死活問題かと思います。
この税金ひとつだけの話では無いのですが、やはり特別財源というものは全廃して一元化を図ったほうが無駄な税金は減る筈だと思います。その中でのたとえばガソリンがプラス10円程度で道路財源が賄えるとかの説明ありきの税制をして欲しいですね。
ヤス URL 2008/05/01(Thu)23:53:42 Edit Top
また…
ビワ>私の意見が対立されているようですね。
ただ前半に関して、『予想されていた』…ほど強引な考えはないでしょうね。
もちろん話し合いをせずに見なし否決をさせてしまった野党にも責任はありますけど、人気の無い福田政権の内に悪事を通して、総選挙はまた人気のある麻生さんで劇場選挙に持ち込もうという悪智恵が見え透いていて最悪な与党です。
それに1リットル30円の差というのは公私問わず物凄い差なんですよ。この発言はちょっと軽率では???実際に自分で仕事でもプライベートでも運転して給油すればそんな1回だけのこと、1ヶ月のことで安易なんて発言はできないかと…それこそ公用車で好き勝手に乗りまくっている政治家や官僚と同じスタンスでの発言のように思います。仕事上、または利便上車移動を余儀なくされている方に失礼極まりない発言です。
政治の話でも、もちろん野党第一党党首の方にも問題はありますけどね、官僚の手のひらで踊る政治を辞めるためには政権交代というスタイルが必要だと思います。それで初めて国民の意思で政治を動かせるのですから。悪ければまた政権が変わる…他の先進国では極自然に行われているスタイルです。
そしてメディアが与党批判をするのは、そこれそ民意を反映せず、官僚のいいなりの政治を行っているからだと思いますよ。ガソリン、医療、年金、全てにおいて民意無視は明白な訳ですから。
ヤス URL 2008/05/02(Fri)00:07:25 Edit Top
つづきです
ガソリンの価格ですが、確かに多くの方が気にされてはいるでしょう。僕は車を運転しませんが、だからといって「どうでもよい」とは思っていません。でも行列を作ってまで安いガソリンを手に入れようとする行為はおかしいように思います。気持ちは分かりますが、その安いガソリンでどれだけ走れるか考えたら、エンジン吹かしたまま行列を作ることの不合理を分かってほしいです。

確かにガソリンは安い方がいいでしょう。そのためにはすべての工事を中止して、再度見直しをしなければなりません。各自治体もです。その上で、これ以上の工事は不要だと思えば止めるべきだし、必要だと思えば少ない財源で続行すべきでしょう。道路というと地方の問題と考えがちですが、都市部だって道路の立体交差の工事などもあります。こういった廃止までの具体的なやり方を民主党は丁寧に説明すべきでしょう。「廃止はするが必要な道路は造ります」としか言わない政党では心配です。(しかも結局造るみたいだし)

僕は暫定税率に賛成しているわけではないです。が、廃止される時点で与党による復活へのシナリオはできており、なりふり構わない与党としては必ず実現してしまうだろうと思っていました。これは野党も内心織り込み済みだったと思います。表面上はそうは言いませんでしたが。そういう意味でも「予想されていた」値上げだったと思います。

だったら、そのまま継続しておいて、改めて廃止法案を提出するなどして、絶対に復活できないようにする根本的法案作成の行動にでるべきだったでしょう。与党も野党も議員の多寡だけで決めてしまい、話し合いというものが全く見られませんでした。つまり、衆院で与党が過半数を握っている限り、参院は審議拒否することを見越した上で衆院再可決という与党のやり方が通ってしまうのです。一応合法的なやり方だし。

もし、総選挙になり小沢一郎が総理大臣になったとして、小沢さんが福田さんよりまともな政治が行えるか疑問です。何よりタカ派なのが気になります。もともと自民出身ということもあって、自民と似たり寄ったりの結果にならないか心配です。一度やらせてみてもいいですが、ダメだったらどうすればいいのでしょう。だから小沢一郎と民主党にはがんばって自己改革して欲しいのです。自民はもう自己改革なんてできそうにないので。

暫定税率は暫定なのでいつかは切れます。それがたまたま去年度末だったのです。自治体はそのまま継続するものとして予算を組みました。その結果、収入に穴があくと言いだしました。最初から暫定税率を当てにしなければよかったのです。

あとドライバーの方、ウソでもいいから、「これからは環境のことを考えて燃費を気にしながら運転します」と言って欲しいです。値段が上がったからなんて言っている間は6%削減なんて到底無理です。

メディアが与党を批判しているのは、その方が数字が取りやすいからです。民主が政権を取ったら、今度は民主批判に回るでしょう。彼らは数字が取れればいいのですから。

最後に、民意をそのまま取り入れるのは政治ではないです。民意を取り入れつつ、国民が等しく幸せをつかむ機会が得られるようにするのが政治です。何でも安くすれば国民は喜ぶでしょうが、それは政治ではないですよね。

僕は道路予算の一般財源化に賛成です。暫定税率廃止にも賛成です。道路が必要か不要か、地元やドライバーの意見をききつつ、第三者が協議できる場を作ってほしいです。政権交代はしてほしいですが、それにふさわしい政党が出てきてくれなければ困ります。メディアは数字ではなく、本心で公平な報道を心がけてほしいです。日本は実際には貧乏です。政府も自治体も借金だらけです。政府がなんとかするにも限界があります。そもそも物価の高騰の要因は海外にあるわけですから、海外の国々と積極的に交渉しつつ、国内でできる対策はないか、与野党関係なく知恵を絞ってほしいです。これが僕の本心です。
ビワ URL 2008/05/02(Fri)20:07:06 Edit Top
またまた…
ビワ>ありがとうございます。余程、某党首への不信感があるんですね。それはわかりますが、2大政党制しかおそらく官僚政治は変えられないのでむしろそっちを理解して欲しいですね。その際の方向性は自民と民主が同じベクトルでもいいんです。要するに官僚への対応、いいなりにならない政治ができることこそが最大の改革ですから。
ガソリン給油に関しては、アイドリングの問題もありますけど、今回のケースは致し方ないとむしろ思って欲しいですね。これを非難はできません。途上国、特に水不足の地域で水があると聞けば同じように人間は行動するでしょう。それくらいライフラインに直結する問題なので、もう綺麗ごとでは語れない話なんです。
民主党のやり方に問題があっても、一度止めてから論議するのが筋だと思いますよ。うやむやはよくないですから。
それからマスコミは常に与党をチェックするのは必然的であり、それがおかしければ糾弾するでしょう、その相手が民主党でも同じ…それこそがマスコミの使命のひとつと考えます。
最後に民意ですけどね、ビワさんの考え方は、国民のためのという仮面を被った政治家の擁護発言にしか捉えられないですね、民主主義は国民の理解があって成り立つものです。だからこそ、あれだけの悪政を人気で保った小泉政権があったのも憤りを感じますが、政治なんだと思います。そこがまた悔しいんです。
ヤス URL 2008/05/03(Sat)00:30:05 Edit Top
申し訳ないです
まあ、小沢さんが嫌いなのは確かです。

試しに民主党にやらしてみるのもいいでしょう。今までより良くなるとは限りませんが、悪くなるとも限らないわけですから。いっそのこと、社民党や共産党にも一度与党になってほしいですね。(社民党は社会党で失敗しましたが)

スタンドの行列に関しては、せめてエンジンは切ってほしかったです(中にはちゃんと切っていた人もいたかもしれませんが)。たぶん節約できる量はたいしたことないでしょうが、気持ちが大切ですから。それと、本当にせっぱつまっていたら、たとえ数円高くても空いているスタンドに行くのも手だったと思うのですが。ま、これはこの辺にしておきましょう。僕も含めて日本人の国民性ですからね。

もちろん、メディアは権力を持つ者への監視が厳しいのは当然です。が、野党も権力者であることは同じです。参院では野党の方が過半数を握っているわけですから。今回の税制に関する一連の騒動には野党もかかわっていたわけです。が、メディアは与党を中心に批判を繰り返していました。ま、批判に値することをやっていたので仕方ないですが、与党のやることが全てダメとは限らないわけですから、その辺をきちんと分けて報道してほしいです。

宮崎の東国原知事はメディアでも人気にある知事ですが、彼は暫定税率を一刻も早く復活させたいと言っていました。彼だけでなく多くの首長が復活を願っていたようです。実際、地方を中心にガソリンは安い方がいいが、道路も東京並みに整備してほしいという考えの人がいるようです。補選では暫定税率ではなく後期高齢者医療制度で自民は負けました。つまり、民主党は暫定税率を廃止し、一般財源化した上で道路事業をどうするのか、具体論が出てこないのです。だから与党が好き勝ってに進めてしまうわけです。

二大政党制のもと、民意に応じて政権交代をするためには、どちらの政党のやり方がいいのか判断に迷うくらい、政策論争をやって欲しいですね。今のところ、野党は与党のやることを批判し拒否し廃止法案を考えるだけになっています。だから、前にも書きましたが僕は民主党にがんばって欲しいのです。これなら与党よりずっと良いと思える政党に変わってほしいのです。(今は、どうかなあ)

民意の政治への反映ですが、民意と言ってもバラバラです。建設業の人からすれば無駄だろうが何だろうが、公共工事が増えた方がうれしいわけです。資産をたくさん持っている人は相続税を安くしてほしいでしょうが、そうすると金持ちの子供は金持ちということになります。高齢者の医療費をすべて税金や労働者の負担でまかなえば、高齢者はうれしいでしょうが、労働者はたまらないでしょう。なかなか民意の反映は難しいと思います。だからと言って、無視するのは言語道断ですね。国民は等しく幸せになる権利があるわけです。政治家はそのための仕組みを作り実行しなければなりません。そのためには、一部の人や国民全体で負担しなければならないこともあるでしょう。負担させると支持率が落ちるから止めておこうでは近い将来破たんしてしまいます。民主党だって魔法の杖を持っているわけではないですから、過度の期待は禁物ですね。自民よりマシならそれで良しです。

ちなみに僕は未だかつて自民党系の候補者に投票したことはありません。党員というより、党そのものが大嫌いです。
ビワ URL 2008/05/03(Sat)17:48:51 Edit Top
どうも…
ずいぶん僕一人ヒートアップしてしまったようで、すっかりドン引き状態ですね。申し訳ありません。
ヤスさんも含めて、もし僕の発言に気を悪くされた方、ごめんなさい。
どうやらアマノジャクな性格が災いして、ついつい反論してみたくなったりしたのです。政治に関しては「ごもっとも」だけではいけないかな、と思っているので。
ということで、政治的な話題には当分コメントしないよう自粛します。
ビワ URL 2008/05/03(Sat)22:04:32 Edit Top
またまた…
ビワ>ご自分で把握されている通りですね。
でも私は反対意見とかって大事ではあると思ってますし、そのものでは嫌いではないですね。
ただかなり政府よりの意見でいながらその政党を嫌いと言われてしまっては支離滅裂になってしまって読む側は解釈ができないですし反論もできないのが実情です。冷静に読まれればご自分でも気付かれるのでは?
文字って怖いので、よ~くご自分の主張をまとめてから発言すべきかと思います。
もしビワさんが有名人や人気ブログで自分の記事だったら炎上に成りかねないですよ。
それから、ガソリンの行列だけは、生活利用されている地方の方、農業車両利用の方、運送業者には死活問題ですしそこへその意見をぶつけるのは極めてナンセンスだと思います、確かに環境問題もありますけど、むしろこういう騒動を引き起こしたのはあくまでも国民ではなくて政府であるということをしっかり認識して次の選挙に参加すべきだと思います。
ヤス URL 2008/05/04(Sun)20:08:15 Edit Top
本当に申し訳ないです
そうでしたか、政権よりの発言になっていましたか。難しいですね。たぶん、みんながあまりにも自民党を攻撃するものだから、じゃあ民主党はどうなのよ、と思ってしまったのが間違いだったのかも。
それと、政策の全てが間違っていると思っていない部分があるからかもしれません。(ガソリンに関しては、そもそもの成り立ちが間違いだと思いますが)
たとえば僕はアンチ巨人ですが、あまりにも巨人をボロクソに言う人が多いと、つい巨人にも肩入れをしたくなってしまいます。巨人にだって何かいいところはあるでしょうから。
でも、周りから見たら分かりにく人間だと思われるでしょうね。実際、僕は分かりにく人間だと思いますよ。主義とか信念とかがないので、その時その時で考えが変わってしまうことが多いです。
それに自民党は大嫌いですが、民主党は次に嫌いです。なぜなら、つい最近まで政権を取る気がなかったし、未だに審議拒否(つまり職務放棄)とかやっているからです。
したがって、支持政党は今現在は無いです。無所属の人がいたら(自民系でない限り)、その人に投票してしまうでしょう。
なんだか気がめいってしまいました。そうですか、僕は政治を語るには考えが足りないのですね。ひっかきまわしただけなんですね。申し訳ないです。
行列の件は、もう何も言いません。車を運転していない人間が触れる問題ではなかったようです。
ビワ URL 2008/05/04(Sun)23:23:22 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ヤス
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1972/02/22
職業:
何でしょう???
趣味:
写真撮影 競馬観戦 水族館観賞
カウンター
ブログの価格
ブログ内検索
アンケート
最新CM
[04/15 はるお]
[04/08 しずか]
[04/01 アンジー]
[03/30 はるお]
[03/29 アンジー]
[03/28 ビワ]
[03/26 はるお]
[03/26 アンジー]
[03/26 しずか]
[03/25 ビワ]
[03/24 ビワ]
[03/24 アンジー]
[03/23 ビワ]
[03/23 ブラピママ]
[03/23 ヤス]
[03/23 はるお]
[03/23 はるお]
[03/23 アンジー]
[03/23 しずか]
[03/23 ヤス]
[03/23 ヤス]
[03/22 アンジー]
[03/21 ビワ]
[03/20 アンジー]
[03/19 ビワ]
アクセス解析
バーコード
Copyright © 一期一会の彩りを求めて・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]