忍者ブログ
瞬間の美しさを逃さず表現できる写真ブログにしたいです。四季折々の写真を中心に様々な写真を載せてちょっと欲張りなオールマイティーブログ、第一弾ブログ『賃貸営業よもやまばなし』の続編です。
[571]  [569]  [570]  [568]  [567]  [566]  [564]  [565]  [563]  [562]  [561
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ最終回信繁、諸角を失い動揺する武田軍ですが…


何とか持ちこたえつつ援軍を待ちます。でも両名を失った時の信玄の心を思うと相当辛かったでしょうね。

そして勘助が出陣します。義信が自分が行くと言ってきたのは意外でしたが、それを諌める勘助。そして上杉勢の下へ。
鼓舞する勘助に伝兵衛も死んじゃうのかっ!と一瞬危惧しました。

その勘助に兵を引くように叫ぶ宇佐見に切りかかる勘助

そして登場Gackt政虎(謙信)白馬に乗って悠然と駆る姿はカッコイイっ!このために彼を選んだと言ってもいいでしょうね。
素晴らしい綱裁きで一直線に信玄の下へ…

 

 

そして3太刀交え(信玄は軍配ですけど)、7つの太刀跡を残します。亀治郎信玄までカッコよく見えました

その謙信を見つけて追いかけていた勘助もついに傷つきます。いよいよ最後かと思った時に登場したのは平蔵

でもここで何と真田軍がっ!平蔵も矢で射られて倒れます。

真田の旗を見たときの勘助は嬉しかったのでしょうね。それを確認したときに首を討たれました

戦も収束し、信繁、諸角の首を見て回想する信玄思わず涙ですね。
そして勘助の首も戻ってきます。

笑っている

 

武田軍の勝利を確信できたからなんでしょうね。どんな最期を描くのかと思いましたが上手いまとめ方でした。伝兵衛も生きてたし。

意外にも生きていたのは平蔵ようやく目が覚めた感がありました。彼が生き延びたのはある意味サプライズでした。(ガンダムのシャアになりきれなかったジェリド・メサみたいな感じでした(ジェリドは戦死しますけど))

今年の大河もこれで終わりですね。1年間ありがとうございました
来年は苦手な江戸時代のしかも苦手な大奥絡み…ですけど、宮崎あおいさんが出ているので見ると思います(笑)
来年も宜しくお願いします。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
終わってしまった
ついに最終回をむかえましたね。
ガクトの綱さばきは本当に見事でした。
私が乗馬に行ってた時、手綱のみで馬を動かすのが怖かった。
バランスが悪いのが原因でした。

平蔵が生き延びそうな雰囲気で終わった時は
ホットしました。
勘助の分も幸せな家庭を築いて欲しい。

私にとっても「風林火山」1年間ありがとうでした。
ベル URL 2007/12/17(Mon)21:54:31 Edit Top
カピバラが…
こんな自然体で風林火山の記事に居座っているとは。(爆)勘助の最期が妙に清々しくてよかったです。色々と楽しい大河ドラマでしたね。ありがとうございました。
URL 2007/12/18(Tue)00:02:42 Edit Top
無題
ガクトは新しい謙信を演じてくれましたね☆
今年の大河ドラマは面白かった(^^)/
ずぅ URL 2007/12/18(Tue)01:14:10 Edit Top
お疲れ様でした~^^
ヤスさんっ!
カピバラなんて載せちゃってもーーー!

伝兵衛&太吉は最後にとてもいい仕事をしましたね。
このあたり、胸が熱くなりました。
無事だったことも何よりです。

政虎は、かっこよかったですねー。
相変わらず、衣装も小道具も拘りを感じました。

かなり傷心の状態でありながら、肝の据わっていた信玄も流石でした。

コメントもたくさんくださって、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
さくらこ URL 2007/12/18(Tue)19:04:22 Edit Top
乗馬もするんですね。
ベル>『ジョウバ』ではなくて本物の乗馬ですよね(笑)、凄いなぁ~。
Gacktn綱裁きは本当に素晴らしかった…あれだけできたら気持ちいいでしょうね。
ヤス URL 2007/12/19(Wed)07:31:53 Edit Top
ハハハ…
つ>本当にラストはうまく描いたと思います。けっこう勘助の死って描くの難しいと思うんですよね。
ヤス URL 2007/12/19(Wed)07:33:06 Edit Top
本当に…
ずぅ>ある意味サプライズ人事でしたもんね、大正解だったと思います。
ヤス URL 2007/12/19(Wed)07:34:08 Edit Top
こちらこそ…
さくらこ>足を運んでいただきまして…。
これからも宜しくお願いします。
ヤス URL 2007/12/19(Wed)07:35:58 Edit Top
お疲れ様でした!
ヤスさん、こんばんは!
カピバラ・・・可愛すぎます!!

毎週ありがとうございました。
いつもトラックバックを送ってくださっているにもかかわらず、こちらからは失敗ばかりでごめんなさい。
この風林火山がきっかけで、ヤスさんには私のブログの方にも来ていただけるようになり、素敵な記念になりました。
最後は・・・このままだとどんな終わり方になってしまうのだろうと思っていたのですが・・・。最初は孤独だった勘助が、伝兵衛や太吉、武田家の人々という「故郷」にたどり着けたのだということが、救いのある内容でよかったと思います。
ラストがミツの台詞であったことも。

ヤスさんの記事は、色々と見ごたえのあるものばかりですので、またこれからも遊びに参りますね!今後ともよろしくお願いいたします。
まい URL 2007/12/19(Wed)22:18:17 Edit Top
こんばんは♪
一年間お疲れ様でした~。
そしてお付き合いいただきありがとうございました!
伝兵衛たちが勘助の胴と頭を持ち帰ってくれたエピは良かったですね~。
平蔵もなんとか助かりそうですし。
骨太で面白い大河だったと思います。
来年もよろしくお願いいたします!
ミチ URL 2007/12/19(Wed)22:35:35 Edit Top
TBありがとうございます
平蔵=ジェリド説。
そうかぁ。
そういう捕らえ方もあるんですね。
シャア&ジェリドと生死は逆転しましたが、勘助&平蔵は、あるイミ、合わせ鏡的に配置されてるんですもんね。

そんなこんなで、
すっとこどっこいなことしか連ねていないバカブログにTBなどして頂いてしまい、非常に恐縮しております。ありがとうございましたっ↓↓
これをご縁に、またちょくちょく遊びに来させて頂けると幸いです。
めい 2007/12/19(Wed)22:57:38 Edit Top
寂しいですねぇ。
ヤフーブログ「厭離穢土欣求浄土」のsaigoku_taiga です。
いつもお世話になっています。どうもありがとうございます。
終わってしまいましたねぇ。寂しいです。
勘助には「ありがとうございました。」
と、言いたい心境です。
武田信玄(1988)の西田敏行さんが演じた山本勘助とはまた違った勘助像だったと思います。
武骨な”内野”勘助、よかったです !!!

来年の「篤姫」もちろん観ますよん。
じつは私、幕末維新もんも、好きなんですが
篤姫についてははっきり言って知識はありません。 

またどうぞいつでも気軽に私のブログも覗いて下さいませ。
saigoku_taiga 2007/12/19(Wed)23:57:24 Edit Top
こちらこそ。
まい>ラストよかったですね。途中いろいろ『んっ!?』って所もあったので心配でした。
こちらこそどんどん遊びに来て下さい。
ヤス URL 2007/12/20(Thu)22:53:44 Edit Top
続投ですね。
ミチ>結局、村の者は皆生き残りましたね。ミツの加護かな?
来年どうしよう?って方が去年同様に多いみたいですけど早くも続投宣言、こちらこそ宜しくお願いします。
ヤス URL 2007/12/20(Thu)22:55:44 Edit Top
そうですね。
saigoku_taiga>本当に1年は早いものです。
私と一緒ですね。私もほとんど知りません。この時代弱いのですが勉強します、はい。
ヤス URL 2007/12/20(Thu)22:57:23 Edit Top
おっ…
めい>ジェリドに食いついていただけるとは思ってませんでした(笑)。
そうですね、またお伺いします。
ヤス URL 2007/12/20(Thu)22:59:22 Edit Top
あけましておめでとうございます
一年間、ありがとうございました。
終っちゃいましたね。信玄目指して一直線に走るGackt政虎、カッコよかったですね。
追う勘助もカッコよかったです。
伝兵衛も太吉も平蔵も無事でよかったですね。
今年は篤姫、私も大奥は詳しくないですが、幕末はエネルギッシュで大好きなので楽しみにしています。今年も宜しくお願い致しますね。
lovespoon URL 2008/01/01(Tue)21:59:04 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
風林火山〜最終回・見果てぬ夢
風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決意したかのように自ら前線に向かいます。(風林火山、最終回・決戦川中島感想、以下に続きます) 風林火山、各話感想:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 ...
URL 2007/12/18(Tue)01:44:52
「風林火山」最終話「決戦川中島」
終わりました。 最終話にて、主役の勘助が壮絶な死を遂げると、流石に泣けるかな、と思ったのですが、結局冷静に観てしまいました。 最終回なので、登場人物紹介部分でも(回想)オンパレードでしたね。 懐かしの小山田信有(回想)の文字も見つけ、彼の回想なんてどの部分だろう、と思っておりましたら、若かりし頃の信繁の感動のシーンで、ただ座っているだけという役どころでした。{/face_ase1/} いつものように、あらすじを辿って書こうかと思ったのですが、今日の合戦の話より、今までどんなことがあり、勘助が、信玄が...
URL 2007/12/18(Tue)08:20:26
風林火山 最終回「決戦川中島」 山本ぉ〜勘助にぃ〜ござりまするぅ〜
約一年間、毎週楽しみに視聴して参りました大河ドラマ風林火山。 萌えたり萎えたり爆笑したりと色々ありましたが、 何だかんだで最終回大泣きしました。今とっても体育会系に爽やかな気分です。
URL 2007/12/18(Tue)08:22:09
【風林火山レビュー】決戦川中島
今回をもって、硬派戦国ドラマとして名を成した「風林火山」が終了。皮肉な形で、後世に名を残す事となった「啄木鳥戦法」を見破られた勘助。そのおかげで、武田軍は窮地に追いやられました。援軍が来るまで、武田軍は持ちこたえる事が出来るのか!最後の最後まで緊迫感が漂う、このドラマ。さて、その果てにあるものは。勘助、突撃。敵の本陣を突く為に−。命を捨てる覚悟が感じられる、この表情。一方、武田の奇襲をかわした上杉軍は退き陣をせずに、なんと武田本陣に突撃。もう戦局は無茶苦茶です。策略もクソもありません。肉弾戦あるのみです。...
URL 2007/12/18(Tue)23:43:40
大河ドラマ 風林火山・第50回(最終回)「決戦川中島」
馬がいっぱい旗指し物もいっぱいで迫力満点のオープニング。 親切な合戦図も見せていただいて、いよいよオーラス、最終回の始まりです。 信繁様&諸角殿の討ち死にシーンもおさらいです~!
URL 2007/12/19(Wed)07:25:01
NHK風林火山(50)川中島・山本勘助の最期(3):放映直後
承前:NHK風林火山(50)川中島・山本勘助の最期(3):最終回の放映前  1時間がすぐにたってしまって、お茶を一杯飲んでPCの前に座ったまま、書くことが浮かんできません。  わたくしも、一種のバーンナウト、燃え尽きたようです。  新選組は近藤さんが斬首されて、一年後には土方さんも函館五稜郭で討ち死にしました。義経さんは奥州の高館でペガサスになって天に昇りました。一豊さんは脳梗塞でしたか、土佐藩主
URL 2007/12/19(Wed)07:49:45
風林火山.50/さらば勘助!
風林火山~完結編~千住明,TVサントラ,沖仁,上妻宏光,千住真理子,チェン・ミンEMIミュージック・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 最終回です。もう今さらあれこれ言ってみても「終わり」であることには間違いないようですね。 さて本編と一緒に「風林火山クラブ」も「ほぼ」最終回です。兼ねてよりお話しさせて頂いておりました「風林火山全50話・あなたが選ぶ作品ベスト3」の募集を開始させて頂きたいと思います。年末にはランキングも発表をいたしますので、お忙しい時期ではありますが多くの方のご参加お待ちしております。 ...
URL 2007/12/19(Wed)09:40:46
風林火山最終話「決戦川中島」レビュー(とりあえず)
当ブログ,更新が開いてしまいましたが,今週は最終話ということでちょっとだけ。  
URL 2007/12/19(Wed)19:18:50
風林火山「決戦川中島」
最終回です。 毎年回想部分が多いのは目をつぶるとして、(w 最後が第一回の徒然亭若狭ミツちゃんの言葉「心の花~」の言葉でしめるとは! 志半ばで散っていった漢のロマンでした。(´∩`。) 武田信玄の軍師
URL 2007/12/19(Wed)20:32:48
頼山陽が見た川中島!!
いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味では、満更失敗とは言え ないのです。 何せ、人数の上では武田軍が有利なのは間 違いないのですから{/face_fight/} 上杉軍にはすっかり見破られていましたが、 見破った上杉軍も背後に控える武田軍の別 働隊が到着するまでの間に勝敗を決しなけ ればならかったのです。 両軍共、時間と戦っていた訳ですね{/k...
URL 2007/12/19(Wed)23:13:35
風林火山 第50回(最終回)「決戦川中島」その2
<font color=blue size=4><b>何なんだこの放心状態は。</b></font> こんなにも脱力感といいますか、放心状態を覚えてしまうのは おそらく私だけではないはず。 それだけ、私たちの心に生きていたんですね。勘助は。 遅ればせながら、ようやく風林火山最終回を最後まで観ました。 途中までは見てましたが、改めて観てもやっぱり涙がポロポロ。 上杉軍に向かっていく勘助、すごい迫力です。 馬上から振り下ろ...
URL 2007/12/20(Thu)16:48:07
「風林火山」第50回。(前編)
ついにこの日がやってまいりました。「風林火山」最終回です。勘助最期の日です。(;;)こういう終わりが来るのは何とも切ないのですが、しっかと見守りたいと……。そんな感想は前後編vv(笑)今年もやっちまいましたー。(爆)
URL 2007/12/24(Mon)23:36:14
風林火山 最終回
『風林火山』第50回、“決戦川中島”― とうとう終ってしまいましたね。最終回、56分の拡大版でございましたが・・・
URL 2008/01/01(Tue)22:00:01
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ヤス
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1972/02/22
職業:
何でしょう???
趣味:
写真撮影 競馬観戦 水族館観賞
カウンター
ブログの価格
ブログ内検索
アンケート
最新CM
[04/15 はるお]
[04/08 しずか]
[04/01 アンジー]
[03/30 はるお]
[03/29 アンジー]
[03/28 ビワ]
[03/26 はるお]
[03/26 アンジー]
[03/26 しずか]
[03/25 ビワ]
[03/24 ビワ]
[03/24 アンジー]
[03/23 ビワ]
[03/23 ブラピママ]
[03/23 ヤス]
[03/23 はるお]
[03/23 はるお]
[03/23 アンジー]
[03/23 しずか]
[03/23 ヤス]
[03/23 ヤス]
[03/22 アンジー]
[03/21 ビワ]
[03/20 アンジー]
[03/19 ビワ]
アクセス解析
バーコード
Copyright © 一期一会の彩りを求めて・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]