忍者ブログ
瞬間の美しさを逃さず表現できる写真ブログにしたいです。四季折々の写真を中心に様々な写真を載せてちょっと欲張りなオールマイティーブログ、第一弾ブログ『賃貸営業よもやまばなし』の続編です。
[1135]  [1127]  [1139]  [1143]  [1141]  [1134]  [1136]  [1133]  [1132]  [1126]  [1131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さあ今回の『伊豆の旅』は…

P7158918shuusei.JPG



















漁港を後にして城ヶ崎公園を目指します。

P7158922shuusei.JPG

























脇に入る道が…こういう所、入っちゃうんですよね~。

P7158924shuusei.JPG




















この辺りで昔はボラの群れを確認して漁をしたそうです。
その名残の『ぼら納屋』というお店(船でリゾートっぽい場所があったところ)があるので、伊勢海老料理を期待していたのですが…
シーズン前ということで改修工事中・・・昼食はお預け

そして…

P7158935shuusei.JPG

























国立公園城ヶ崎に到着っ!
高さ17mの展望台です。

P7158937shuusei.JPG
























66段登りました(汗)。ここはガラス越しの展望台なんですね。

ではその眺めを…

P7158940shuusei.JPG



















P7158941shuusei.JPG



















P7158942shuusei.JPG



















ガラス越しなのが残念な眺めですね。

そして…

P7158945shuusei.JPG



















ここもまさにサスペンスドラマ(笑)、ここでカップルと双子の赤ちゃん家族の写真を撮ってあげました…何か気分がいい。

P7158952shuusei.JPG



















P7158951shuusei.JPG



















凄っ・・・(汗)

そしてお気に入りのショット

P7158959shuusei.JPG

























スカシユリと海・・・いいショットです。

P7158954shuusei.JPG

























こちらも定番でしょうが…。

そして門脇吊へ…

P7158970shuusei.JPG

























人がいない状態ラッキーっ!?

P7158966shuusei.JPG




















う~ん高い…でも橋そのものは丈夫でしたよ。昨年の『夢の吊り橋』の方が揺れました。

P7158984shuusei.JPG




















ラストも定番で…(笑)。

次回はさらに南下します。お楽しみにっ!
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
思い出
今回もいい眺めですね。ヤスさんみたいな上手な人に撮って貰ったら、旅の思い出が美しく残りますね。
スカシユリと海のショット、いいですね。
下から2枚目の水の青もすごく印象的です。
アンジー URL 2008/08/29(Fri)01:29:18 Edit Top
国立公園城ヶ崎
伊豆の旅④国立公園城ヶ崎 、じっくり、拝見しました。
良さそうなところですね。

居ながらにして、高い所からの眺め、いろいろ見て、楽しめました。
いいものです。

ありがとうございました。
siawasekun URL 2008/08/29(Fri)04:05:39 Edit Top
無題
まさにサスペンス劇場の舞台のよう!(笑)

素晴らしい写真ですね!

私は吊り橋は怖いので渡る勇気がありません。
しずか URL 2008/08/29(Fri)09:57:41 Edit Top
66段でしたか
うーん、灯台の階段の数って…意味もなく気になる今日この頃。(笑
絶壁やつり橋から見下ろす海の水が澄んでいて底の岩が透けて見えてたりするのがまたよいですね。
URL 2008/08/29(Fri)15:14:37 Edit Top
やっぱり。。。
こんにちは!

吊り橋は怖いですよぉ!
子供の頃は平気で揺らせたんですけどね。。。
大人になってから行った時は足がすくみました!(爆)
ホントに、サスペンスドラマに出てきそうな景色ですね!
って、この間、ここ出てましたよ!
めめ URL 2008/08/29(Fri)17:04:28 Edit Top
無題
崖っぷちといえばサスペンスドラマですよね!
展望台は面白い形をしていますね。
ビワ URL 2008/08/29(Fri)20:21:31 Edit Top
こんにちは~!
サスペンス劇場でよくロケのある場所?
こんな高さの海の上の吊橋なんてちょっと怖いかも~><
しかもヤスさんはカメラ持ってしかも撮影しながらでしょう・・?ひえ~~
さくらこ URL 2008/08/29(Fri)21:35:33 Edit Top
無題
このつり橋を渡った時、風が吹いてました。
渡ったはいいけど、戻るのにかなり勇気がいりましたよ。
伊豆はいいところがたくさんあって大好きな場所です。
ベル URL 2008/08/29(Fri)22:35:30 Edit Top
ありがとうございますっ!
アンジー>特にご家族のショット…ご主人が写らない光景を見るとどうしても『撮りましょうか?』って声かけちゃいますね。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:32:10 Edit Top
ありがとうございますっ!
siawasekun>ここはずっと行ってみたかった場所なので来られてよかったです。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:33:44 Edit Top
大丈夫ですよっ!
しずか>ここの橋は吊り橋らしからぬ丈夫さだったので怖いのは高さだけだと思いますよっ!
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:35:33 Edit Top
ありがとうございますっ!
つ>本当に伊豆の水は綺麗です。だから撮れる写真もあるんですよね。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:36:24 Edit Top
やっぱり…
めめ>ダメですか???
子供の頃大丈夫でも今はダメ…私も虫系はそうですね(笑)。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:37:15 Edit Top
そうなんですよね。
ビワ>ガラス越しじゃなかったらもっと気持ちよかったのですが…確かにちょっと危ない場所だから仕方ないんでしょうね。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:38:08 Edit Top
いえいえ…
さくらこ>意外とカメラ越しの方が怖くなかったりするんですよ~。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:39:49 Edit Top
確かに…
ベル>強風だったら怖いですね(汗)。
ヤス URL 2008/08/31(Sun)07:40:26 Edit Top
まさに!
火サスの世界!!
でも、こうゆう景色好きです♪
高いとこ好きだし(笑)
なので、以前ここに行った時は、
もちろん吊り橋もウキウキ♪渡りました(*^ー')b
あい URL 2008/09/02(Tue)17:52:01 Edit Top
いいですよね~。
あい>私も大好きですっ!でしたらやはり昨年の夢の吊り橋おススメしますっ!かなり静岡の奥地ですけどね。
ヤス URL 2008/09/04(Thu)18:04:03 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ヤス
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1972/02/22
職業:
何でしょう???
趣味:
写真撮影 競馬観戦 水族館観賞
カウンター
ブログの価格
ブログ内検索
アンケート
最新CM
[04/15 はるお]
[04/08 しずか]
[04/01 アンジー]
[03/30 はるお]
[03/29 アンジー]
[03/28 ビワ]
[03/26 はるお]
[03/26 アンジー]
[03/26 しずか]
[03/25 ビワ]
[03/24 ビワ]
[03/24 アンジー]
[03/23 ビワ]
[03/23 ブラピママ]
[03/23 ヤス]
[03/23 はるお]
[03/23 はるお]
[03/23 アンジー]
[03/23 しずか]
[03/23 ヤス]
[03/23 ヤス]
[03/22 アンジー]
[03/21 ビワ]
[03/20 アンジー]
[03/19 ビワ]
アクセス解析
バーコード
Copyright © 一期一会の彩りを求めて・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]