忍者ブログ
瞬間の美しさを逃さず表現できる写真ブログにしたいです。四季折々の写真を中心に様々な写真を載せてちょっと欲張りなオールマイティーブログ、第一弾ブログ『賃貸営業よもやまばなし』の続編です。
[618]  [613]  [617]  [609]  [608]  [616]  [607]  [606]  [605]  [602]  [604
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さあ大河ドラマ『篤姫』が始まりました。日本史が苦手な私には着いていくのがやっとですけど(笑)、宮崎あおいさんが頑張ってるからしっかり観たいと思います。早速オープニングの宮崎あおいさんは凄い綺麗ですね。


さて、物語は薩摩、島津家の分家の一つ今泉島津家から始まります。島津忠剛の妻、お幸が(かつを)ご懐妊している所へ謎の僧が…一瞬勘助かと思っちゃいました(笑)

そして藩主の跡継ぎ島津斉彬の初めてのお国入り。斉彬は肝付家今泉島津家に子供が生まれると聞き、お守りを両家へ渡します。でもまだ息子が欲しい今泉島津家の忠剛赤いお守りと青いお守りを交換しちゃいます
…でも女の子なんですよね(笑)。

まず肝付家に男子が誕生尚五郎のちの小松帯刀、そして今泉島津家には女の子が誕生一途な混じり気のないという願いで『一(かつ)』


そしてかつが幼少の時、アメリカのモリソン号が薩摩に来航します。モリソン号の乗組員にも抵抗無く接するあたりにすでに片鱗が…(笑)。
幼少期の子役の子…宮崎あおいさんに似てました。凄いですね。


やがて時が経ち、薩摩藩は家老・調所広郷の指揮の下、財政再建に…それは今泉島津家へも…農民の禄高半分住民税の定額減税撤廃よりも重い…。そんな苦しい農民の姿を見てご飯を食べないかつ…何て健気な純粋な心…2世政治家や官僚の家族に聞かせたいですね(笑)
そんなかつ人はそれぞれ『役割』があると語られ納得して食事をするのでした。

そしてついに宮崎あおいさん登場っ!しかも男子の学習塾?に混じって男装…これがまたよく似合う(笑)。しかもさりげない仕草(演技)が上手いですね~

その帰りに父の説法に尚五郎を巻き込む兄・忠敬…でも上手な姫は嘘をついて尚五郎を囲碁の相手に(笑)、あれは囲碁をやるのが目的ではなくて菊本(女中)の小言を聞かないため???相当キレる姫ですね。

そして翌夏…さらなる財政再建と日照り…そこで登場西郷隆盛(吉乃助)が訴えに来ました。そんな今泉島津家の忠剛へ調所はさらに厳しくするように指示します。心優しい忠剛は、家宝、家を渡し、長男も養子に出して籠もってしまいます。

それを見かねたかつ尚五郎とともに調所の屋敷へ…。そんな二人に調所は琉球の抜け実(密輸)をしていることをあっさり告げてしまいます。それは薩摩藩・島津家のための自分の『役割』だと言われ納得しつつも、何が正しいのかわからないかつ

そんな篤姫(かつ)の物語が始まりました。

最年少の主役・宮崎あおいさん、不安視する大河ファンもいるみたいですけど彼女の演技力だったら問題ないでしょう。まあ戦国時代以外の大河は間違いなく視聴率悪くなるのはハナからわかっているのでそれは覚悟しないといけないでしょうけど。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
私も子役の子があおいちゃんそっくりだと
思いました。
よく似ている子役を探して来ますよね~。(笑)
第一回、なかなか面白かったです。
あおいちゃん可愛い☆
しずか URL 2008/01/07(Mon)00:58:13 Edit Top
観ました
可愛かったね~、あおいちゃん!
ほんとに可愛い。
苦労させたくないな、なんておもっちゃいました(笑)
私、彼女みたさに大河を観ます。
ベル 2008/01/07(Mon)01:19:39 Edit Top
こんばんは♪
ヤスさん、今年もよろしくお願いいたします♪
OPのあおいちゃん、CGみたいな雰囲気でしたね~(笑)
子役もあおいちゃんと似てました!
薩摩藩のことって全然知らないのですが、この大河で少しはわかるようになるかしら。
とりあえず気楽に見ようと思っています!
ミチ URL 2008/01/07(Mon)20:22:27 Edit Top
トラバありがとうございました!
ヤスさま、「風林火山」への毎回のトラバと年始にいただいたコメント、ありがとうございました!
ご訪問が遅くなってすみません。
「篤姫」も全話感想書かれるのですね! 毎回書くのって結構タイヘンです(しみじみ)。
ぜひがんばってください!
あさひ URL 2008/01/07(Mon)21:28:24 Edit Top
ですよね。
しずか>本当に似ている子役でした。
風林火山は主役が誰?っていう部分もありましたが今回はまさに宮崎あおいさんの大河ですね。
楽しみです。
ヤス URL 2008/01/08(Tue)00:53:37 Edit Top
ですよね~。
ベル>私もです。見ないと損した気分になります(笑)。
ヤス URL 2008/01/08(Tue)00:54:31 Edit Top
そうですね。
ミチ>私も幕末&大奥苦手ですから…普通にドラマを楽しみたいと思います。
ヤス URL 2008/01/08(Tue)00:55:34 Edit Top
こちらこそ。
あさひ>はい、すっかりあおい姫…いや篤姫に魅了されていますので(笑)。
頑張ります。
ヤス URL 2008/01/08(Tue)00:57:09 Edit Top
こんにちは。
私は、同じ九州という事もあって今回の篤姫には期待しています。
宮崎あおいちゃんが徳川家の最後を看取る
天璋院という役をいかに演じるか楽しみですね。
まっ それはかなり後半になりますが。
jinmu URL 2008/01/08(Tue)13:17:48 Edit Top
こんにちは
風林火山ではお世話になりました。篤姫もおやりになるんですね、こちらこそヨロシクお願いします。
>まあ戦国時代以外の大河は間違いなく視聴率悪くなるのはハナからわかっているのでそれは覚悟しないといけないでしょうけど。
時代背景も難しいですしね、ま、前作とは違った気持ちで臨みたいですよね(じゃないと、ツライです・笑)
なおみ URL 2008/01/08(Tue)21:07:48 Edit Top
今年もよろしく~!
新年の挨拶ではなくて、大河の方でもよろしく、ということで!

子役、本当にあおいちゃんによく似ていましたね。
ツッコミどころがないくらい。

ヤスさんって確か、宮崎あおいちゃんのファンでしたよね。
どうか、見とれないように、しっかりと話の方も見ていってくださいね^^。
さくらこ URL 2008/01/08(Tue)22:26:58 Edit Top
そうでしたね。
jinmu>『jinmu』さんは九州男児でしたね。(児じゃないけど・笑)
じゃあ薩摩の歴史もよ~くご存じなんですね。毎年大河の歴史考証がブロガーの中で問題になっていますけど大丈夫かな???
ヤス URL 2008/01/09(Wed)07:30:11 Edit Top
ありがとうございますっ!
なおみ>こちらこそ宜しくお願いします。
でも意外と初回の視聴率よかったみたいでまずは安堵しています。
ヤス URL 2008/01/09(Wed)07:32:08 Edit Top
こちらこそ。
さくらこ>本当に…まさか妹でもあるまいし…。
ファンなんていうと本当のファンに申し訳ない位ですが、彼女と蒼井優さん、沢尻エリカさんが私の中で若手女優の御三家みたいなもので(笑)。とにかく演技力が素晴らしいっ!
ヤス URL 2008/01/09(Wed)07:35:50 Edit Top
始まりましたね!
ヤスさん、こんにちは。いつもTBありがとうございます。
子役ちゃん、似てましたよね~。
でもって、赤ちゃんがまた可愛かった!
毎年驚かされますが、大河に出て来る子役ちゃんって本当に凄いですよね。
これからあの元気なお姫様がどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。
lovespoon URL 2008/01/09(Wed)14:40:40 Edit Top
そうですね。
lovespoon>確かに、子役選びは本当に力が入っているようです。
これから楽しみです。
ヤス URL 2008/01/10(Thu)07:17:13 Edit Top
今後に期待
ヤスさんこんばんは、TBありがとうございました。
第一話ではまだ無邪気だった於一が、今後成長していく様子を宮崎あおいちゃんがどのように見せてくれるのか期待しています♪
視聴率は気にしないで(と言っても難しいでしょうが)
見応えのあるドラマにして欲しいですね!
影千代 URL 2008/01/11(Fri)19:46:28 Edit Top
そうですね。
影千代>特に一部で若いことを危惧されてますからね、ギャフンと言わせて欲しいです。
まあ戦国ものよりも低くなることはNHKも他のメディアも分かっているとは思いますけどね。
ヤス URL 2008/01/12(Sat)06:29:08 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
篤姫〜第1回・篤姫生誕!
篤姫ですが、思った以上に面白いです。幕末維新において江戸を救った天璋院という触れ込みですが、薩摩の誕生から始まります。桜島が綺麗ですが、懐妊中の母親(樋口可南子)の前に妙な僧侶が現れ「その女の子は江戸に行く」など予言をします。(篤姫、第1回・天命の子、感想以下に続きます)
URL 2008/01/06(Sun)23:43:20
篤姫(1月6日放送/60分拡大版)
第一回/天命の子 黒船来航にはまだ20年近くも前の天保6年(1835年)。桜島を間近にのぞむ鹿児島は、藩主の跡継ぎ島津斉彬(高橋英樹)の初めてのお国入りに沸き立つ。そんな中、島津家の分家の一つである今和泉島津家に、待望の女の子が生まれる。父の島津忠剛(長塚京三)と母・お幸(樋口可南子)は、長女の幸せを願い一(かつ)と名付ける。のちの天璋院篤姫である。於一は、病弱な兄たちとは違い、かなりおてんばで好奇心旺盛な、そして心優しい娘に育っていく。 やがて時が経ち、薩摩藩は家老・調所広郷(平幹二朗)の指揮の下、厳し...
URL 2008/01/06(Sun)23:54:14
'08大河ドラマ「篤姫」衣装展
いよいよ明日から今年度の大河ドラマ「篤姫」がスタートします。 そこで今日は放送前に篤姫についてちょっと予習しておきましょう。 篤姫・・・天保6年(1835年)薩摩藩主である島津家の分家に生まれ、嘉永6年(1853年)徳川13代将軍・家定の正室になり、大奥を預かることになりますが、家定は病弱で、嫁いでからたった一年半で夫を亡くします。 篤姫は23歳で天璋院になり、将軍の跡継ぎをめぐる抗争、統幕という時代の波に飲み込まれていきます。 篤姫を演じるのはアフラックのアヒルのCMでお馴染みの宮崎あお...
URL 2008/01/07(Mon)00:59:33
大河ドラマ「篤姫」#1
「天命の子」 2008年の大河ドラマが始まりました!{/ny_hatsuhinode/} 最近の女性主演の大河というと、松嶋菜々子の『利家とまつ』や仲間由紀恵の『功名が辻』が思い出されます。どちらも主人公の明るさ、元気さ、頭の回転のよさ、頑張りやさんなところ、夫の支えとなる部分などがクローズアップされていましたが、今回もそんな感じになるのかな? 昨年の骨太で男臭いドラマとは180度違ってくるでしょうね。 初見のOPは綺麗でしたが、可もなく不可もなく。 テーマ曲はキャッチーな感じではなかったです。 ...
URL 2008/01/07(Mon)20:20:22
篤姫(1月6日)
いよいよ大河ドラマ「篤姫」スタート。 昨年の「風林火山」と時代も、そしてドラマの雰囲気そのものもまったく違う大河ドラマ。
URL 2008/01/07(Mon)20:30:55
篤姫・第1話
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る あけましておめでとうございます。昨年は「風林火山」レビュー、「小山田クラブ」そして「風林火山クラブ」とお世話になりました。 今日からは時代を「幕末」に移して篤姫がスタートですね。「幕末」といえば熱心なファンの方も多いようですが、ワタシのような「うっすい(薄い)」知識でどこまでついて行けるか多いに不安ですが・・・とりあえず面白そうだったらレビューを書き続けたいと思い...
URL 2008/01/07(Mon)20:34:26
篤姫 第1回「天命の子」
今年も始まりました、大河ドラマ!!  前年の『風林火山』がいつもより1回多くて全50回でしたが、今回の『篤姫』も全50回です。
URL 2008/01/07(Mon)20:59:58
大河ドラマ「篤姫」第1話。
今年もこの日がやってきました。大河ドラマ第1話放映日が。毎年 第1話は見るようにしているので、当然今年もと、そう思っては いたのですが…
URL 2008/01/07(Mon)21:38:33
篤姫「天命の子」
新しい大河が始まると見るか見ないに関わらず、新年を迎えた気になりますね。 さて、第一回のサブタイからして、何か義経の雰囲気なんですが。キャストがやたらかぶっているからかもしれませんね。(義経の第一回目
URL 2008/01/07(Mon)22:14:07
★とりあえず観ました「篤姫1」〜♪
本日よりNHK大河ドラマ「篤姫」が始まりましたとりあえず最初は見ておかないとね今週のあらすじ 第1回「天命の子」でもねぇ・・・その前に時間にチラッとだけ見たあんみつ姫とまざっちゃってぇ。。ちょっと頭が混乱・・・子役の姫たち。。かわいかったぁ〜まるで私のち...
URL 2008/01/07(Mon)22:24:50
大河ドラマ・篤姫!!
いよいよ篤姫が始まりましたね{/kirakira/}{/kirakira/} 幕末は得意ではないのですがネタが続く限り 書いてみようかと思っている僕なのです{/hiyo_do/} 篤姫に関する幼少時代の資料は殆ど無いとい います{/cat_5/} 兄が三人、妹が三人の七人兄妹だったといい ますが、あくまでも系図上で確認するだけな のです{/ee_3/} 今の処、脚本家のイマジネーションで構成されている のでしょうね。 篤姫は徳川家定に嫁いで、次の将軍に一橋慶喜 を推す事が最大の使命だったと思うので...
URL 2008/01/07(Mon)23:31:58
篤姫 (宮崎あおいさん)
◆於一(おかつ)役の宮崎あおいさん(のつもり)。宮崎あおいさんは、毎週日曜よる8時NHK総合にて放送されている『大河ドラマ 篤姫』で於一(篤姫、のちの天璋院)を演じています。一昨日は第1回が放送されました。
URL 2008/01/08(Tue)04:22:22
「篤姫」第1回
宮尾登美子の歴史絵巻の金字塔「天璋院篤姫」の原作をもとに、脚本家・田渕久美子が描く2008年度の大河ドラマ。主演は宮崎あおい。江戸・徳川に嫁入りしたものの、故郷・薩摩が徳川を倒そうと動き出すという皮肉めいた運命にまきこまれる篤姫の力強く生きる様を軸に、...
URL 2008/01/08(Tue)06:10:24
大河ドラマ『篤姫』第一回「天命の子」
今年もやっぱり大河ウォッチとまいりましょう。これから一年間、よろしくお願いいたします~。
URL 2008/01/08(Tue)08:14:28
「篤姫」第一回「天命の子」
今年の大河ドラマ「篤姫」が始まりました。 ずっと以前からPC画面上でそのままリンクしてあるのですが“大河ドラマ「風林火山」”となっていた所が、いつの間にやら自動的に「篤姫」に変わってしまっているんですねー。 その一昨年前も感じたことなのですが、時の流れ・・ですね。 ほんのついこの間まで盛り上がっていた場所が、そんなこととは関係無しに、過去のものは無常にも消え行く・・。{/hiyo_uru/} さてさて、主役が宮崎あおいさんなので、OPからして可愛らしい印象です。{/hawaii_plumeria/}...
URL 2008/01/08(Tue)08:18:13
大河ドラマ「篤姫」
初回の感想
URL 2008/01/08(Tue)10:42:12
篤姫
2008年大河『篤姫』、始まりましたね。 先ずはざっと時代背景の説明と登場人物の紹介と言う感じでございましたが、元気なお姫様ですねぇ、篤姫  
URL 2008/01/09(Wed)14:29:45
篤姫 #1 天命の子
久しぶりに見る気になった大河ドラマです! なかなか、おきゃんな篤姫いいわ~♪ 1年間の長丁場なので、なかなか話が進まないと思いますが、じっくり観ていきたいです~。和宮の話とかも後で出てくるだろうし、期待、期待(´∀`*)。 赤ちゃん時代から、もう少女時代にまで進んでしまいましたが、宮崎あおいちゃん中々よろしいんじゃない
URL 2008/01/09(Wed)18:52:54
大河ドラマ「篤姫」第1回「天命の子」とりあえずレビュー
今年の大河「篤姫」は勘助が討ち死にした第4次川中島から270年余り後の幕末の話。
URL 2008/01/09(Wed)22:00:02
大河ドラマ『篤姫』第1回「天命の子」
いよいよスタートした『篤姫』。なんていうか、悪くはないんだけど、まあプロローグとしてはこんなもんかな?という感じの第1回でした。い...
URL 2008/01/11(Fri)19:36:19
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ヤス
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1972/02/22
職業:
何でしょう???
趣味:
写真撮影 競馬観戦 水族館観賞
カウンター
ブログの価格
ブログ内検索
アンケート
最新CM
[04/15 はるお]
[04/08 しずか]
[04/01 アンジー]
[03/30 はるお]
[03/29 アンジー]
[03/28 ビワ]
[03/26 はるお]
[03/26 アンジー]
[03/26 しずか]
[03/25 ビワ]
[03/24 ビワ]
[03/24 アンジー]
[03/23 ビワ]
[03/23 ブラピママ]
[03/23 ヤス]
[03/23 はるお]
[03/23 はるお]
[03/23 アンジー]
[03/23 しずか]
[03/23 ヤス]
[03/23 ヤス]
[03/22 アンジー]
[03/21 ビワ]
[03/20 アンジー]
[03/19 ビワ]
アクセス解析
バーコード
Copyright © 一期一会の彩りを求めて・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]