忍者ブログ
瞬間の美しさを逃さず表現できる写真ブログにしたいです。四季折々の写真を中心に様々な写真を載せてちょっと欲張りなオールマイティーブログ、第一弾ブログ『賃貸営業よもやまばなし』の続編です。
[278]  [277]  [271]  [272]  [274]  [269]  [268]  [267]  [264]  [261]  [263
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さあ今回の『信州の旅』は、タイムリーな『風林火山』…武田信玄の息子、武田四郎勝頼が造った城、新府城【Googleマップ】です…と言ってもずっと後の時代ですけどね。

 

この城は特に西側は自然の要塞って感じです。

 

中腹の鳥居よりもはるか先が本丸跡…ここに城ってホント難攻不落だったと思いたい…。

 

ちなみに本丸跡から下を覗いても中腹しか見えません。

 

そして登ってすぐのところには藤武稲荷神社があります。

 

本丸跡です。実際にはほんの数ヶ月しか使われなかった城です。ここで戦えたら少しは歴史が変わったのかもしれません。

 

武田勝頼公が祀られています。何か勝頼の無念を感じると目頭が熱くなっちゃいました。

 

二の丸跡です。

 

馬出し付近…わずかに川のせせらぎが聴こえました。

 

長篠の戦で散った武将のお墓です。やっぱり何か寂しく…。

さあ明日も武田家スポットです。お楽しみにっ!
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
歴史
こんにちは!

とても歴史を感じますね。
跡しか残っていないところは、とても残念です。
きっと、立派な本丸があったんでしょうね。
建物だけでも、残しておいてもらいたかったですね!
めめ URL 2007/09/07(Fri)10:03:17 Edit Top
無題
トラックバックありがとうございます。私の住むまちの自慢の一つ「新府城跡」へお越しいただいたようでありがとうございました。緑で一杯の二の丸の今は黄色の絨毯です!!
oberisuku URL 2007/09/07(Fri)17:11:27 Edit Top
夢の跡
草だらけの二の丸跡を見ていると、まさに夢の跡という感じがします。
ビワ URL 2007/09/07(Fri)22:18:08 Edit Top
武田家…
めめ>滅亡後の徳川、北条の争いでは家康がここに入城して北条と戦ったそうです。戦力拠点だったから落ち着いてから壊したんでしょうね。
ヤス URL 2007/09/07(Fri)23:14:05 Edit Top
いえいえ…
oberisuku>季節が移るのも早いんですね。桃源郷のようなまちでよいところですね。
ヤス URL 2007/09/07(Fri)23:15:34 Edit Top
そうですね。
ビワ>ここで戦って欲しかったです。
ヤス URL 2007/09/07(Fri)23:16:29 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ヤス
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1972/02/22
職業:
何でしょう???
趣味:
写真撮影 競馬観戦 水族館観賞
カウンター
ブログの価格
ブログ内検索
アンケート
最新CM
[04/15 はるお]
[04/08 しずか]
[04/01 アンジー]
[03/30 はるお]
[03/29 アンジー]
[03/28 ビワ]
[03/26 はるお]
[03/26 アンジー]
[03/26 しずか]
[03/25 ビワ]
[03/24 ビワ]
[03/24 アンジー]
[03/23 ビワ]
[03/23 ブラピママ]
[03/23 ヤス]
[03/23 はるお]
[03/23 はるお]
[03/23 アンジー]
[03/23 しずか]
[03/23 ヤス]
[03/23 ヤス]
[03/22 アンジー]
[03/21 ビワ]
[03/20 アンジー]
[03/19 ビワ]
アクセス解析
バーコード
Copyright © 一期一会の彩りを求めて・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]